So-net無料ブログ作成

弱くても勝てます [活字中毒のトモ]


「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

  • 作者: 高橋 秀実
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 文庫


嵐好きの娘に付き合ってドラマを見たところ、おもしろかったので
原作を読んでみることにしました。
このお話、実話だったんですね。まずそこにびっくりしました。

開成中学校・高等学校というと、
けっこう名前を知っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
学校法人開成学園が運営する、男子校です。
頭の良い生徒が非常に多く、高等学校からは、
毎年 200 人近くが東京大学に合格するといいます。
東京屈指の進学校なのです。

そんな開成高校には、野球部がありますが、
今まで甲子園の地区予選ですら、その名前が話題に上がったことすらない
弱小部でした。ところがなぜか、2005 年には東東京大会ベスト 16 まで
勝ち進んでいたのです。
その後も「開成がさらに強くなっている」という噂を耳にした著者は
がぜんこの弱小野球部に興味を持ち、取材を申し込んだのでした。

高校野球の東東京地区というと、激戦区で
帝京高校やら関東一高やらの強豪校がひしめいています。
こんなとんでもない地区で、弱い野球部がどうやってベスト 16 まで勝ち進めるというのでしょう?
そう思って読んでみましたが、どうもピンときませんでした。
選手は野球推薦で学校へ来たわけでもないので、強豪校の生徒に比べると
明らかに野球が下手ですし、
週に 1 度しかグラウンドを使えないので、練習時間も少ない。
条件が悪すぎます。勝てる要素が見つかりません。

そんな野球部に勝利をもたらしたのが、現在も監督を務めておられる青木 秀憲さんです。
条件が悪すぎる場合も、工夫を凝らして
チームに合った練習方法や試合運びを取り入れた人です。
Web でいろいろと検索してみると、青木監督も東京大学教育学部を卒業されておられるようで
やっぱり頭がいいから、発想が優れているのかなと思いました。
「守備は案外差が出ない」とか
「甲子園常連校のように環境が整っている方が異常。むしろ開成が普通」
とさらっと言い切ってしまうような方です。
ご自身も高校・大学と野球をやっていらしたそうで、なんというか
その経験から、勝つために最低限クリアしなくてはいけない課題が
よく分かっていらっしゃって、そのためにはこのチームで何をしなくてはいけないかが
明確になっている印象でした。
こんな監督に指導していただけるなんて、ラッキーですね。

この監督に導かれて、開成高校がどのように試合に勝っていくのかを知りたい方は
ドラマを見たり本書を読まれたり、または実際に試合を見に行かれることをお奨めしたいと思います。

こんなふうに考え方次第で、弱いチームも勝てるようになるというのは
どの場合にもあてはまることなんでしょうか。
もし本当にそうであるならば、本当に面白いです。
今まで、物事(特にスポーツ)で勝利をつかむには、
きちんとした準備が欠かせないと思っていました。
たくさん練習をしなければ、試合に勝てない
たくさん勉強をしなければ、試験に受からないというのは、当たり前のことだと思っていました。
ですが、やり方次第で、練習時間が少なくても
さらには技術が劣っていても、勝利をつかむことができるというのが衝撃でした。
努力が実を結ばないときには、ちょっと戦略を練り直してみるのがいいのかもしれない
そして戦略を練り直すという選択肢は、十分に通用するのだという希望が生まれた 1 冊でした。
おもしろかったので、野球つながりで「マネー・ボール」も読んでみようと思います。




nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 5

コメント 4

yu-papa

ニーノ君は、何処まで頑張れるのでしょう・・・
読書は今控えているので続きはTVで確認かなっ♪
by yu-papa (2014-04-29 20:41) 

うしこ

>yu-papa さん

nice! & コメントありがとうございます。

ドラマでは、野球部が勝つのはこれからのようなので、是非観てみてください。
by うしこ (2014-05-01 12:07) 

Sanchai

私も先週読みました。

ベスト16入りした後から取材開始しているので、尻切れトンボになっていってしまったのがちょっと物足りなかったです。

でも、世の中の大半の高校野球部ってこんな感じなのかもと妙に納得させられました。
by Sanchai (2014-05-18 18:46) 

うしこ

>Sanchai さん

確かに、著者が興味をもって取材を開始してからは、伸び悩んでいるようですね。今年は勝てるか・・・。ただ、「セイバーメトリクス」もそうですが、この手法を取り入れるチームが多くなってくると、勝つのも難しくなりますね。
by うしこ (2014-05-19 05:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0