So-net無料ブログ作成

シニアシングルズ 女たちの知恵と縁 [活字中毒のトモ]


シニアシングルズ 女たちの知恵と縁

シニアシングルズ 女たちの知恵と縁

  • 作者: わくわくシニアシングルズ
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2018/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


沖縄タイムスの書評を読んで購入しました。
わくわくシニアシングルズ」という、
中高年の独身女性が集うネットワークがあるそうです。
そこで 2016 年にアンケート調査を実施したところ、530 人もの女性から
本音を熱く語る回答が寄せられたそうです。
その調査結果を紹介するとともに、さまざまな立場のシングル女性の
生の声を載せ、暮らしの知恵や困難を乗り切る具体策を記したのが本書です。

体験談は実にリアルで、自分の 10 年後 20 年後を想像するのに役に立ちました。
女性が独りで自立して生きていくのって、今でもやっぱり大変のようです。
少ない給料で子供を複数かかえて、家賃を下げるために引っ越しを繰り返し
学費を稼ぐためにダブルワークをした方の話を読んで
なんて大変なんだ、こんなにがむしゃらにならないと生きていけない世の中って
何なんだろうと思いました。
また月収が少ないので、もらえる年金額も少なく
老後も働き続ける人のなんと多いことか。
しかもこの年代の人たちは、結婚したら仕事を辞めるのが当たり前だったので
シングルに戻ってから就ける仕事が全く安定していなくて
就けるときに、就ける仕事に就いて、短期雇用で転々と仕事が変わることが多い
ということが良く分かりました。
リアルすぎて、自分の老後の見通しがとても暗いです。

また体験談には、同じような暮らしをしていても
生活の厳しさの不満をぶちまけるような恨み節もあれば
良い知人との出会いに感謝して生きる暖かい文章もあったのが印象的でした。
心の持ち方次第で、ずいぶん変わるようです。
感謝をしている人が、特別豊かな暮らしをしているわけではないはずなので。
恨み節は、読むほうもいい気分にならないし
書き手の性格も疑われるので、いいことはないと分かりました。
私も気を付けようと思います。

自分の生き方を、他人や政府のせいにしないで
自分でできることを最大限頑張って、それでもだめだったら生活保護
最後はミイラ化。
なるほど、私の老後ってこんな感じなんですね。妙にリアル。



シニアシングルズ 女たちの知恵と縁

シニアシングルズ 女たちの知恵と縁

  • 作者: わくわくシニアシングルズ
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2018/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント