So-net無料ブログ作成

僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、 誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。 [活字中毒のトモ]


僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、 誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。

僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、 誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。

  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2013/08/05
  • メディア: Kindle版


Kindle Unlimited でダウンロードして読みました。
Amazon は午堂さんフェアでもやってるんでしょうか?
2019 年 8 月の時点では、午堂さんの本が Kindle Unlimited にたくさん出ています。

人生、「よりシンプルに考え」「よりシンプルに行動」すれば
経済的にも時間的にも、自由な生活を手に入れることができるそうです。
何でもシンプルに、例えば人間関係は、他人の言動にいちいち目くじらを立てるのをやめ
映画やレンタル DVD も、ちょっと見てつまらなそうだったら、
たとえお金を払ったのだとしても、見切って観るのを止めたらいい。
なんというか、行動する前にあれこれ思い悩まないで
とりあえずやってみればいいじゃないか、失敗しても死ぬわけじゃなし
という感じの内容でした。

本書では、シンプルに考え、シンプルに行動するルールが 69 個紹介されています。
ただし、あまりにも具体的なルールすぎて、
「これ、資産を 5 億作るのに関係あるかね?」と首をかしげるルールもありました。
例えば「情報は整理しない」というルールでは、
集めた資料を整理すると、また出さなければいけないから
むしろ生産性が下がると書かれているのですが、本当ですかね?
片付けられなくても資産家、という方の本って、初めてかもしれません。
もしこれが本当だったら、私は今頃大富豪のはずです。
私も本当に片付けが苦手で、自宅の書斎のデスクはテキストや単行本が
山と積まれていて、1 日経つと前に使ったものを下の層から引き出して
雪崩が起きる・・・の繰り返しなのですが
もっときれいにできれば、ものを探す時間も減って
時間をより有効に使えるのにと、自分で分かっていても
なかなかきれいに整頓することができません。
整頓しなくていいんだったら、このままでいいかな
・・・ああ、また自分に甘い方に流れてしまいます。

ですが多くのルールは本当にその通りで
「ストレス解消よりストレスの元を断つ方法を考える」とか
「成功しているのは、優秀な人ではなく仕組みを作った人」などは
本当にその通りと思いました。
あと意外とオンとオフの切り替えを重要視しない意見も参考になりました。
本当にいい仕事をしようと思ったら、残業もガンガンして
家に帰っても仕事のことばかり考えているくらいの
集中力が大事というのは、効率悪そうな意見ではありますが
一理あると思いました。
私はたいてい、会社のオフィスを出たら、仕事のことなんて
あっという間に忘れてしまいますから、
仕事に対する意欲が薄いんだと思います。
もっと意欲的に仕事をすれば、今までと違う何かが見えるかもしれないですね



僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。

僕が30代で5億円の資産をつくれたのは、誰でもできるシンプルなことを大切にしただけ。

  • 作者: 午堂 登紀雄
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2013/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



コメント(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント